宮城県内において伝承ネットワーク形成のため群流データ計測を実施

 本プロジェクトは、宮城県内の伝承施設の来客状況の把握と、伝承ツーリズムに焦点をあて、語り部や伝承団体、自治体との伝承ネットワーク形成に役立てるため、各伝承施設と公共・観光施設に群流センサを設置して、来場者状況をほぼリア […]

続きを読む
国立競技場周辺の人流計測を実施中

津田塾大学、千駄ヶ谷大通り商店街と共に国立競技場周辺の人流計測を行い、人流の解析手法の教育の実データとして、またそのデータを使った地域活性化の提案活動を行います。

続きを読む
鹿児島県徳之島伊仙町にサテライトオフィス開設

観光による地方創生の一環で、沖縄・奄美周遊モデルを作り、デジタル田園都市国家構想(Society5.0)へのモデル自治体(離島モデル)を作るために、徳之島伊仙島町に人流解析の拠点を作り、町、観光連盟と一緒になって観光客、 […]

続きを読む
宮崎県延岡市で人流解析の実証実験を実施

 延岡市、国立情報学研究所、エリアポータルとの産官学連携により、観光客が多く利用する空港や駅、観光スポット間の人の流れを示す「群流データ」を収集・解析する実証実験を行い、滞在時間の長さなどから旅行者のニーズを把握し観光戦 […]

続きを読む
神宮外苑花火大会人流データ・SNS放送連携実証実験を実施

宮外苑花火大会の人流データの可視化と、その際の映像をインターネット放送し、予め作られたSNSコミュニティーとの連携をさせて、その盛り上がりとの関連性を調べます。 本プロジェクトは、津田塾大学総合政策学部との共同プロジェク […]

続きを読む
国土交通省の令和3年度実証実験事業に採択されました

「山梨の観光地における群流解析実証実験」で採択されました。  甲府駅周辺商店街、昇仙峡、笛吹川フルーツ公園に設置された人流センサー、携帯電話位置情報(モバイル空間統計等)と、実際の通行量を人手で測るカウンター調査を比較し […]

続きを読む
東京オリンピック・パラリンピック期間中の群流解析を行いました

津田塾大学が東京オリ・パラの際に行う「梅五輪プロジェクト」の一環で、国立競技場に収容された7万人の観客の流れを可視化し、周辺駅からのアクセスと、千駄ヶ谷大通り商店街への人の流入を計測して、混雑緩和と商店街売上向上の両立を […]

続きを読む
東京シティ・エアターミナル(T-CAT)において、Wi-Fiパケットセンサーによる流量計測の実験を実施

T-CATで開催されている地方観光誘客プロモーション「毎日が旅行博」の開催時の同施設内の人の流れを可視化するため、Wi-Fiパケットセンサーによる人流解析をICTSFC情報サービス連携コンソーシアムの企画・管理のもと行わ […]

続きを読む
東京・渋谷ストリームにおける群流解析実験に弊社センサーが使用されました

一般社団法人 渋谷未来デザイン様が行った、2019年9月21~22日に実施されたU-15対象のストリートスポーツコンペティション「NEXT GENERATIONS」の観客及び来場者の属性・感情の見える化を図るため、日本電 […]

続きを読む
情報通信研究機構 様(NICT)より研究を受託しました

国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)より「データ連携・利活用による地域課題解決のための実証型研究開発(第2回)」の研究を代表研究者として受託しました。 研究テーマは、「山梨におけるビッグデータ利活用基盤構築と […]

続きを読む